大人の社会科見学~縫製工場編~

皆さん、こんにちは。

本日冬に戻ってしまったような寒さですね。

春は新しい生活や環境などで疲れも出ますので、体調管理にお気を付け下さいね。

 

さて、昨日当店でも主力商品でもございますラッシュガードをいつも少量だろうが、大量だろうがキッチリと縫製してくださる

ユアサプラニング株式会社様の工場へお邪魔してまいりました。

辻堂駅から約2時間の電車の旅?!でちょっとした社会科見学のテンションで行ってまいりました。

ナチュラルカラーのモダンな外観穏やかな気分で働けそうなのどかな風景

早速室内へ入ると、見覚えのある生地が・・・

現在縫製途中なので、各パーツが並べられています。

昔小室哲也がシンセサイザーに囲まれて演奏していたように、

こちらの縫製職人さんはミシンに囲まれてガンガン縫ってくださっています。素人には手は出せません。

 

こちらのユアサプランニング(株)様では、縫製だけではなく昇華プリントやウェットスーツなどに貼られているブランドロゴに使うカッティングシートなども製作されています。

昨日は昇華プリントの工程も見せていただきました。

作成したデータをまずは紙にプリントしていきます。大きい機械です。

昇華プリントなので、色数気にせずグラデーションから虹色までプリント出来ます。

紙へのプリント完了までに少々お時間かかるので、作業場内を見学。

職人さんは女性ばかり。細かいチェックもしてくださり助かります。こちらはカッティングシートを作る機械。

仕込まれた様にGUARD製品があちらこちらに・・・・こちらは水着。どのデザインかお分かりになりますか??

館山サーフクラブジュニアチームのみなさ~ん。順調に製作進んでますよぉ~

館山サーフクラブ様の水着が生地へのプリント完了されてました。色も良い感じです♪

そうこうしている内に、先ほど紙へプリントしていたものが終わりました。

この紙を次は、プレス機に入れて白い生地へと写します。

プレス機↓↓

温度調節が重要だそうです。一部ボタンの表記が読めないとおっしゃる社長さんですが、ばっちり使いこなされてます。

機械が208℃まで温まったところで生地と紙をセット

うぃ~~んと奥の装置の中へ入っていき60秒ほどで1枚が出来上がります。なので、この作業に突入となるとずーーーっと機械につきっきりだそうです。

出来上がった紙をめくると、きれーーーに生地へプリントされました

この様に、便利な機械は使われていますが人の手で丁寧に温度やカラーのチェックをしながら我々の製品は作りあげていただいております。

この後は、綺麗に裁断されて縫製されていきます。

おまけ

昇華プリント以外に、ウェットスーツでお膝にあるシリコンパットを切りぬく機械もありました。

ひとつの製品が出来上がるまでに、各パーツが専門工場によって作られ出来上がっているのを実感しました。

気になったストレッチボード

恐らく誰も使ってない・・・・(笑)

 

普段は、デザインデータを製作し発注したまま出来上がってくるのを納期期日とにらめっこしながらソワソワ待つだけでしたが、

色々な工程と専門職人さんが目と気を使って丁寧にチェックしてちゃんとした製品になっていることにより一層感謝したいと思います。

当店では、こうした安心の出来る業者様にオリジナルユニフォーム製作を御依頼しておりますので、是非

クラブ様チーム様の一致団結ウェア製作を御検討されている場合お気軽にお問合せくださいね。

Facebookコメント

キャッシュレス決済で5%還元

※「キャッシュレス・消費者還元事業」2019年12月21日(土)から適用開始となります。