【やってみたシリーズ】ドライバッグ20ℓの使い方

皆さん、こんにちは。

クリスマスイブ 全国のお父様・お母様の皆さん、サンタさんへ一生懸命お手紙書いたりしている

お子様の可愛らしい様子に緊張感が走る今晩だと思います。

頑張ってください

本日はサンタさんといえば

『大きい袋にプレゼントいっぱい持っているんだよなぁ~』っとまだ5歳児頃の気持ちでいたところ

目についたものがこちら

 ドライバッグ(笑)

こちらの商品、近年ご好評をいただいております。濡れた水着入れたり、キャンプに持って行くとおっしゃっていたお客様もいらっしゃったり。

濡れたものを入れられる防滴バッグ。スーパーのレジ袋やごみ袋でも良いのではないか・・・というのもありますが

ちょっと引っかかって穴があいたら、バッグや車内など水滴ボタボタ・・・ですよね。

また、逆に濡れたくない物を入れておくというパターン。

ライフセーバーさんでいえば、サーフスキーの練習などの時にスマホ・お財布・着替えなどを入れて携帯するなどもアリですね。

 

こちらのGUARDドライバッグは

サイズがSサイズ10ℓとMサイズ20ℓとありましてサイズに悩まれる方も多い様です。

今日は20ℓサイズに、題して

『色々入れてみた』

です。

その①

入れたものはこちら↓↓

フルスーツをきちんとたたんで1着

女性用Mサイズを入れて、まだ余裕はありました。水着とタオルも入りそうな感じでした。

今の時期はウェットスーツが無いと海に入れませんので、大きすぎないドライバッグ良いのではないでしょうか。

 

お次

その②

見た感じ『その①』と一緒(笑)

いやいや、少々縦長に

中身はこちら↓↓

軽くトラベル仕様

1.スウェットロングパンツ

2.Tシャツ1枚

3.トレーナー

4.ニットキャップ

5.靴下1足

6.バスタオル

7.ウォーターボトル

8.マイクロシールド

これらをきっちり畳んで入れてピッタリでした。

旅行の際、帰りの汚れたお洋服を分ける様等でも

 

そして、最後にこちら↓↓

その③

パンパンッ

中身はこちら

お水です

バケツ代わりにもなります。

数分入れたままにしておきましたが、水が浸透してくることもなくパンパンのまま。

緊急時などお水汲み用タンクを持ち合わせていなかったら、このバッグで代用できますね。

ただし、相当重かったのでバッグごと抱える様に持たないとNGです。

使わない時は、くるくると畳んでバッグにすっぽり入れておけるので、いざという時アイテムとして携帯しておくと

良いと思いました。

登山やトレッキングなどの時のバッグインバッグには、Sサイズの方がきっちり収納できるのかなとも思いますが、

海や川などお車でお出かけで、帰りの汚れたもの用になどという時はたっぷり入る20ℓがオススメです。

個人的には、スーパー銭湯行く時に便利です(笑)

 

■GUARD DRY バッグMサイズ 20ℓ ¥1,728(税込)

http://www.guard1997.com/product/1593

 

■GUARD DRY バッグSサイズ 10ℓ ¥1,512(税込)

http://www.guard1997.com/product/1590

Facebookコメント

キャッシュレス決済で5%還元

※「キャッシュレス・消費者還元事業」2019年12月21日(土)から適用開始となります。