KEEP PADDLEドライタンクトップ ライフセーバー園田俊プロデュース  [TNK-273]

KEEP PADDLEドライタンクトップ ライフセーバー園田俊プロデュース  [TNK-273]

販売価格: 3,080円(税込)

重み: 1

カラー:
サイズ:
数量:

商品詳細

KEEP PADDLEドライタンクトップ-ライフセーバー園田俊プロデュース-

デザインテーマは「KEEP PADDLE」、カラーはダークグレー、ブルー、2色をご用意。

海をイメージし、レスキューボードと流れるような水面を表現しています。海練習やトレーニング時におすすめの生地が滑らかで伸縮性に優れ動きやすく、抜群の吸水性と速乾性が特徴のドライ素材を採用、さまざまなシーズンで快適に着用できます。

コンセプト

現役トップ ライフセーバーの園田俊氏。デザインテーマ「KEEPPADDLE」を園田氏から提案いただきデザイナーと共に作り上げました。

全国のライフセーバーに向けて、諦めない事・練習を続ける事・続ける意味を問うメッセージを含ませています。また使用した生地は園田氏が実際に使用して、使い勝手の良かったおすすめのドライ生地を使用しています。

GUARDはライフセーバーの皆様を応援しています。

タンクトップ生地について

インターロック編み(Smooth knit

両面表地で滑らかな肌触り。2つのゴム編みを裏合わせし、両面とも表地にした編み組織。
優れた伸縮性で、形崩れしにくいのが特徴です。両面編み、インターロック編みとも言い、編地の表面が滑らかなところからスムースと言われるようになりました。吸汗速乾で軽量な事が最大の特徴です。

 

着用イメージ

ダークグレー着用

モデル:身長167cm/体重76g Lサイズ着用

 

脇周りの空き具合

モデル:身長167cm/体重76g Lサイズ着用

 

ブルー着用

モデル:身長182cm/体重72g Lサイズ着用

 

脇周りの空き具合

モデル:身長182cm/体重72g Lサイズ着用

カラーバリエーション

ブルーとダークグレーの2色展開。

ダークグレー

ロイヤルブルー

 

スペック

サイズ

 身丈身幅肩幅
S654536
M684838
L715140
XL745442

※サイズは全てセンチメートル表記です

素材

ポリエステル100%

Tシャツ生地の注意点

  • 生地の性質上から、とても薄くデリケートな素材の為、着用時のベルト、カバンや周囲の壁など表面の粗いものとの引っかかりに注意して下さい。
  • 洗濯の際には他の物との引っかかりに注意し、洗濯ネット等に入れて洗濯下さい。
  • 指輪、時計、ネックレスなどは、ほつれの原因になりますので、着用後にお付けする事をお勧め致します。

 

GUARD(ガード)は頑張るライフセーバーを応援しています


 

現役ライフセーバー園田俊さんが今だからこそ感じる想い

コロナウィルスの蔓延に伴い、世界中の人々が騒然としたと思います。ウィルスの脅威というのは未だ衰えず、これからもコロナとの共存は続いていくと認識しています。その中で私が活動している「ライフセービング」には少なからず影響があり、海水浴場が開設されなかったり、競技会が中止となったり… 全てはウィルス拡大を防ぐための策であったと思います。

では、その中で何が出来たか。それは、終わりの見えないものに対して自粛をするのではなく、可能な限り共存していくという事でした。もちろん自粛要請が出れば自粛をしますが、社会情勢も刻一刻と変化をしており、そこに対してもしっかり順応していかなければいけません。

コロナ禍の中でも海にはたくさんの人が来ます。人が海に来るという事は1%でも事故が起きる可能性があるということ。だから我々は策を講じて活動をし続けます。なぜなら、大好きな海で悲しい事故を起こしたくないからです。その結果、今夏自クラブ内感染者は0(ゼロ)、海浜における事故等も0(ゼロ)でした。

やはり、ここにライフセーバーの存在意義があり、これからも、有り続けると確信しております。私はこれからのオフシーズンも海に入り続け、トレーニングを積む事とライフセーバーの存在をアピールし続けて行こうと思います。

 

 

ブランドコンセプト

GUARD(ガード)について

1997年に「大切な人を守りたい」理念の基に作られたブランドです。救命救急のシンボルマーク「スターオブライフ」をブランドロゴとし、ライフセーバーや救命士など、救命救急に携わる方たちへ機材の供給やユニホームなどを企画開発し提供しています。

STAR OF LIFE(スターオブライフ)について

スターオブライフとは、救急医療(EMS)のシンボルで、"生命の輝き"を表しています。
また、命に関わる職場で活躍する人々の守護神でもあります。アメリカを中心とした世界各区で、救急のシンボルマークとなっています。

Facebookコメント

レビュー

0件のレビュー