水難救助 救助器材 ライフセーバー監視業務資器材 2016NEWモデルGUARDレスキューボード

水難救助 救助器材 ライフセーバー監視業務資器材 2016NEWモデルGUARDレスキューボード

販売価格: 181,440円(税込)

在庫数 10点

2016GUARDレスキューボード ハードタイプ

 

【お問合せいただく際のお願い】

 

ご購入者様がライフセービングクラブ、自治体、法人・企業様の場合はお問い合わせ時に団体名様及びご担当者様のお名前の明記をお願いいたします。

 

こちらの商品は、別途送料が必要となります。都道府県によって異なりますので、お送り先都道府県をお知らせください。

水難救助 救助器材 ライフセーバー監視業務資器材 レスキューボード ライフセービング ライフガード 競技

GUARDハードレスキューボード
レスキューボードの各名称とサイズ

価格¥168000(税抜)

全長:320cm
全幅:58cm
厚さ:18cm
重量:12kg
素材:エポキシ樹脂
カラー:イエロー

水難救助 救助器材 ライフセーバー監視業務資器材 レスキューボード ライフセービング ライフガード 競技

 

水難救助 救助器材 ライフセーバー監視業務資器材 レスキューボード ライフセービング ライフガード 競技

GUARDレスキューボードは、ライフセービングの本場、オーストラリア老舗メーカーのベネット社の型がベースになった、オリジナルボードです。パドリングがし易く、より早く救助に向かう事が出来るように設計されたプロ使用となっています。

 

両サイドにハンドグリップ
レール部分に手を差し込めるハンドグリップを設けることで、格段に持ち運びがし易くなりました。
フィンの取り外しが可能
フィンを付けたままにするとボードとフィンや金具の隙間に砂や塩が固着して取り外ししにくくなります。
長くお使いいただく為にも使用しない時期は取り外しておきましょう。
スピード重視のプロ使用
よりスピードが出やすいハードタイプのレスキューボード。左右の動きがしやすい為、細かな方向転換も自在です。
レスキューボードの取り扱いに慣れたプロフェッショナル向きです。

 

水難救助 救助器材 ライフセーバー監視業務資器材 レスキューボード ライフセービング ライフガード 競技
水難救助 救助器材 ライフセーバー監視業務資器材 レスキューボード ライフセービング ライフガード 競技
よりスピードが出やすいハードタイプのレスキューボード。
左右の動きがしやすい為、細かな方向転換も自在です。
レスキューボードの取り扱いに慣れたプロフェッショナル向きです。

 

水難救助 救助器材 ライフセーバー監視業務資器材 レスキューボード ライフセービング ライフガード 競技
ライフガード ライフセービング 競技
レール部分に手を差し込めるハンドグリップを設けることで、格段に持ち運びがし易くなりました。

 

水難救助 救助器材 ライフセーバー監視業務資器材 レスキューボード ライフセービング ライフガード 競技
フィンは取り外し可能となっています。
フィンを付けたままにするとボードとフィンや金具の隙間に砂や塩が固着して取り外ししにくくなります。
長くお使いいただく為にも使用しない時期は取り外しておきましょう。
水難救助 救助器材 ライフセーバー監視業務資器材 レスキューボード ライフセービング ライフガード 競技水難救助 救助器材 ライフセーバー監視業務資器材 レスキューボード ライフセービング ライフガード 競技水難救助 救助器材 ライフセーバー監視業務資器材 レスキューボード ライフセービング ライフガード 競技

(1)フィンに付属されている
ネジとプレートを外す。

(2)プレートを中央の
穴から入れ中に敷く。

(3)敷いたプレートをテール側の
端へスライドさせる。
水難救助 救助器材 ライフセーバー監視業務資器材 レスキューボード ライフセービング ライフガード 競技水難救助 救助器材 ライフセーバー監視業務資器材 レスキューボード ライフセービング ライフガード 競技水難救助 救助器材 ライフセーバー監視業務資器材 レスキューボード ライフセービング ライフガード 競技
(4)フィンの差込方向(5)しっかりと差込
ノーズ側へつめる。
(6)ドライバーで
しっかり締める。
水難救助 救助器材 ライフセーバー監視業務資器材 レスキューボード ライフセービング ライフガード 競技  
(7)完成  

 

水難救助 救助器材 ライフセーバー監視業務資器材 レスキューボード ライフセービング ライフガード 競技
水難救助 救助器材 ライフセーバー監視業務資器材 レスキューボード ライフセービング ライフガード 競技
(1)溺者の手首をしっかりと
掴んだままボードの
レール(外側)に手首を
かけそのまま反転させる。
(2)ボードが反転したら
溺者の肘をしっかりと
レールにかけ、
もう一度反転させる。
(3)溺者の上半身が
ボードのデッキに
乗ったら同じ様に
下半身も乗せる。
(4)溺者の身体を全て
ボードに乗せ終えたら
ボードを浜に向けて
パドルして浜に向かう。

 

レビュー

0件のレビュー