【第2回JLAシミュレーション審査会】~レポート~

みなさんこんにちは

 

12月に突入し、これから毎日忘年会なんて方も多いかと思います!

 

 みなさん!飲み過ぎにお気をつけください

 

 

本日は、12月3日(日)に、神奈川県葉山町にて

 

【第2回JLAシュミレーション大会】が行われましたので、そちらの模様をレポートいたします

 

この大会は、全国から16チーム96名のライフセーバー・消防救急隊員の方々が参加いたします。

 

実際に、事故を想定した内容で各クラブ1チーム6名にて

 

救急隊への受け渡しまでの競技を行ないます。

 

 

 

 緊迫した空気の中、競技は始まりました

 

 

こちらの写真は、海から事故に遭われた方を浜辺へ引き上げている様子です。

 

 

ライフセーバーは、初期処置並びに消防に通報し、担架へ移動させている様子。

 

 

急隊が到着後、処置対応を引き継いでいる様子。

 

 

救急隊と共に、救急車へ向かいます。

 

 この流れを、9分間で行います。

 

一分一秒争う現場。考えただけでも緊張が走ります。

 

 


審査対象は


 ・初期処置がしっかりと出来てるか


 ・的確な消防への通報が出来てるか


 ・現場の連携が図れてるか


 ・救急隊へ的確な情報伝達が出来てるか


 ・速やかに搬送の協力が出来てるか

 

この内容で、審査官がチェックしていくという大会です

 

 

ライフセーバーの方々の主な活動シーズンは、夏がメインですが

 

オフシーズンにこういった競技会などへ参加され

 

次のシーズンも、無事故で安心・安全な海を守る為に日々精力的に活動されております。

 

ただただ尊敬でしかありません。

 

私も、見習い

 

継続は力なり!!来年の夏に向けて頑張っていきたいと思います

 

 

そして、私たちが、安心して海水浴やプールなどを利用できるのも、こういった皆さんの活動があってこそなのだと

 

改めて、実感いたしました

 

 

利用者側も、地元の大切な海を楽しく過ごすべく、みながルールを守り

 

毎年一件でも事故がない事を祈っております。

 

 

 

 

それではまた~